ポイントサイト 比較ナビ【モッピー・げん玉・ハピタスなど】

ポイントレートとは

現在は色々なポイントサイトが公開されています。違うページでポイントサイトを使ったポイントの稼ぎ方を紹介していますが、このポイントは電子マネーなど使える形に変える必要があります。

大半の場合は現金や電子マネーなどに交換しますが、この時に貯まったポイントがそのまま交換できるとは限りません。それぞれに決められているレートに沿って交換されます。

そこで今回は「ポイントレートとは」と題して、ポイントサイトに欠かせないレートについてご紹介します。これからポイントサイトでポイントを稼ごうと思っている人はもちろん、効率的にポイントを稼ぎたいと考えている人にも必見の内容となっています。



ポイントレートとは?

ここではポイントレートについてご紹介します。レートについて知っておくと効率的にポイントを稼ぐ事ができますし、レートは生活の色々な場面で使われています。



マイルとは交換レートが違う

今回のテーマになっているポイントレートですが、ポイントレートは「交換レート」「換金レート」といった様な呼ばれ方もします。

交換レートとは、名前の通り交換する時に元のポイントからどれくらい交換できるかを示す数字です。例えるならば、100円につき1ポイントと設定されている交換レートでは、1000円をポイントに交換した場合は10ポイントをいう結果になります。

一方の換金ルートとは、ポイントをお金に交換する時に、どれくらいお金に変えられるかを示す数字です。例えるならば、100ポイントにつき10円の現金に変えられるとした場合で1,000円分の現金を手にするには1,0000ポイントが必要になります。

この様に、目的によって交換できるポイントや金額が違うので、注意が必要です。

ポイント交換でたびたび耳にする機会があるのが、飛行機に乗った時にチケット代金に応じて稼げるマイルです。マイルとは距離を表す数字ですが、多くの方はマイルと聞くと飛行機を思い浮かべるのではないでしょうか。

マイルも交換レートが違っていますので、詳しくは各航空会社や、使う予定のあるポイントサイトに聞いてみてください。



ポイントを交換すると増量になる時もある

先程はポイントレートについて、交換レートと換金レートと呼ばれる種類がある事について、事例を使いながらご紹介しました。

これらの事に注意して溜まったポイントを交換もしくは換金しようと考えた時に、「その時のレートって、株式市場の様に毎日変わるのか?」といった疑問がわいてくる事はないでしょうか?

さずがに毎日交換や換金レートが変更になる事はありませんが、ポイントサイトによって定期的もしくは不定期でレートが変更される事があります。具体的なレートは各ポイントサイトに聞いてみるのが一番ですが、その時には基準になるポイント数が修正されます。

某ポイントサイトでは、半年ごとに交換もしくは換金レートが変更されており、その時の状況によってはポイントが増量される事もあります。実は、この記事を書いていう筆者も変更される前のレートで換金を予想していましたが、自分の知らないうちに換金レートが変更されて、計算よりも多く換金された事を覚えています。

ただ、交換もしくは換金レートが増えるだけではなく下方修正される場合もあるので、今から使う予定のポイントサイトは、公式サイトやSNSなどで逐一新しい情報をこまめにチェックしておくと、貯まったポイントが無駄にならなくて済みますよ。



ポイントサイトを経由する事でレートが上がる時もある

先程は交換もしくは換金レートについて、ポイントサイトによって変更される事があるとご紹介しました。変更になる頻度は定期的もしくは不定期ですが、毎日の生活に必要な物(食べ物や消耗品)、クレジットカードの申し込みなどを、インターネットショッピングで行なう方も最近増えています。

そんな時にも、実はレートが関係してきます。

どういう事かというと、とある商品をインターネットのお店で購入しようと考えてアクセスをし、クレジットカードや代金引換などで支払いを済ませた時に、クレジットカードなら購入に使ったクレジットカードを発行している会社から金額分のポイントがもらえます。この時は金額に応じたポイントだけもらえますが、ポイントサイトを経由する事で交換レートの対象になり、結果的に直接購入するだけのポイントよりも多くポイントがもらえる事があります。

購入する前にポイントサイトを経由する必要があるので、これを手間と考えている方には関係ない話ですが、どうせ同じ金額を支払うなら少しでも多く還元を受けたいと考えるのが、本来の姿ではないでしょうか?



還元率もポイントになる

ここではポイント還元率についてご紹介します。還元とは聞くと自分に何らかの戻りがある事ですが、還元率はそれを数字に表しているので分かりやすいのが特徴です。



ポイント還元率は計算できる

ポイント還元率とは、その名の通り支払った金額に対して何パーセントのポイントがもらえるかどうかを表す数字で、クレジットカードなどの入会を目的にした広告にも「本クレジットカードは○○パーセントの還元率!!」と記載している事が多いです。

実は、このポイント還元率も計算できる事をご存知でしょうか?以下にポイント還元率の数式を記載してみました。

・(ポイントの価値)÷(支払金額)=ポイント還元率

数式だけだと分かりにくいですが、例えるなら1,000円分支払った時のポイントの価値が5円分だったとしたら、ポイント還元率は0.5パーセントになります。この数式は消費税などの計算方法と似ているので、毎日の生活にも取り入れやすい数式かもしれません。

もちろん、この数式に入れる金額はその都度で変わってきますので、購入する前にあらかじめ計算しておいてもいいと思います。

この数式を応用すると、1円の利用で1ポイントもらえるポイントサイトの場合だと計算が簡単で、1,000円分使うと100ポイントが還元されます。この数式を覚えるのと併せて、クレジットカードやポイントサイトなどに記載されているポイント還元率を覚えておくと、すぐさま還元されるポイント数が計算できます。

もちろん、ポイント還元率が高いほうが多く手元に残るので、ポイント還元率も使う時の参考にしてみる事を心から願っています。



ポイントの呼び方

ここでは呼び方についてご紹介しておきます。



呼び方もポイントサイトで違う

多くのポイントサイトでは、ポイントをptと表示していますが、実はこれらには特別な決まりはありません。ポイントを硬貨に見立ててコインと呼んでいるポイントサイトや、単純にポイントをPと呼んでいるポイントサイトもあったりと個性的です。

呼び方が違うだけで、実際に使う時には最も少ない単位で使っていき、貯めたポイントを交換する時にどれくらい交換できるのかを計算しておくと安心です。筆者が日頃から使っているポイントサイトもそれぞれ呼び方が違うので、覚えるのに時間が掛かりました。



まとめ

今回は「ポイントレートとは」と題して、ポイントサイトに欠かせないレートについてご紹介しました。ポイントサイトによって同じ作業でも稼げるポイント数が金額が違うので、前もって確認しておくと安心です。今回の記事を参考にして、少しでも効率的にポイントを稼いで楽しい生活を送ってみてはいかがでしょうか?